社団法人 山梨県建設業協会は、魅力ある建設で山梨のさらなる発展に貢献します
トップ > 施設の貸出しについて 山梨県建設業協会のプロフィールです ご意見・お問い合わせ
 
施設案内
利用案内
利用料金
利用申請書
  施設の貸出しについて

山梨県建設会館では、月曜日〜金曜日 9:00〜17:00の間、4階会議室、3階研修室、及び3階会議室を有料で貸出ししております。
各案内、注意事項、規程をご覧いただき、講習会や会議等でご活用ください。

  利 用 案 内
   
 
利用申請手続き 利用上の注意事項 施設貸出し規程
   
 
利用申請手続き
1. 申請用窓口へご連絡いただき、施設の空き状況をご確認、ご予約いただきます。
2. ご予約後、こちらから「山梨県建設会館研修室・会議室利用申請書(PDF形式)」をダウンロードいただき、必要事項をご記入後、事務局へFAX又はメールでご提出ください。
3. 事務局担当者より「施設貸出し許可書」及び「利用上の注意事項」をお送りしますので、予約内容をご確認いただければ手続きは完了です。

【 申請用窓口 】

(一社)山梨県建設業協会 事務局 (総務部)
TEL: 055-235-4421 FAX: 055-233-9572
e-mail: rental_room@y-kenkyo.or.jp
 
↑ページの先頭に戻る
 
利用上の注意事項
1. 施設の利用にあたり、次の各号に十分注意する。
  1) 公の秩序を乱したり、善良の風俗を害したり、法律に違反したりする行為を行わないこと。
  2) 施設又は付属物を毀損しないようにすること。
  3) 施設を利用できるものは、建設業に関係ある団体、法人、個人等とする。
  4) 利用の許可を受けた者は、利用の権利を譲渡し又は施設を転貸しないこと。
  5) 利用者が次の各号の1に該当するときは、利用の停止又は許可の取消しをする。
    (1) 申請内容に偽りがあったとき。
    (2) 利用許可の条件に違反したとき。
 
2. 利用者は施設の利用に際し、施設又は附属物を損傷もしくは紛失した場合は、その修理又は補充に要する費用を負担しなければならない。
 
3. 貸出し時間帯は9:00〜17:00とし、原則17:00以降は利用できない。
 
4. 利用料金は、別に定める「山梨県建設会館研修室・会議室利用料金一覧表」によるものとし、利用料金の支払いは、毎月20日締めで送られてくる請求書により、所定の銀行口座に振り込むものとする。
 
5. 会場の設営等事前準備は、原則として利用者側で行うこととし、予約時間1時間前から行うことができるが、前日または1時間以上前からの設営等事前準備を希望する場合は、その時間帯の利用料金の半額を支払って行うことができる。
 
6. 利用者は、利用当日に「施設貸出し許可書」を窓口に提示して、施設の「入口の鍵」と「利用後確認チェックシート」を受け取り、利用後はチェックシートに従って確認および現状復帰すると同時に「入口の鍵」を返却すること。
 
7. 3F研修室を利用する際に、ピンマイクの使用を希望する場合は当日窓口に申し出ること。
 
8. 予約内容に変更が生じた場合やキャンセルをする場合は、早めに窓口に連絡すること。
 
9. 会館には一般向け駐車場がないので、施設利用の際には、公共交通機関を利用するか、近隣の民間駐車場を利用すること。
 
10. 研修室・会議室内への飲食の持ち込みは控え、ゴミの持ち帰りに協力すること。
 
11. 施設内における貴重品の管理は、利用者自らが行うこと。
 
12. 非常口、消火設備の確認は事前に必ず行うこと。
 
※ 上記の注意事項は、こちらからPDF形式でダウンロードできます。
 
↑ページの先頭に戻る
 
施設貸出し規程
(定義)
第1条 本規程において、貸出しの対象とする山梨県建設会館施設(以下、「施設」という。)とは、4階会議室、3階研修室、及び3階会議室をいう。
 
(許可)
第2条 当該施設を利用しようとする者は、予め(一社)山梨県建設業協会会長(以下、「会長という。)の許可を受けなければならない。
2 利用申込みの窓口は、(一社)山梨県建設業協会事務局(総務部)とし、総務部長を施設管理者(以下、「管理者」という。)とする。
 
(貸出し基準)
第3条 施設の利用にあたり、次の各号に該当するときは、その利用を許可しないものとする。
  1) 公の秩序又は善良の風俗を害したり、法律に違反したりする恐れがあるとき。
  2) 施設又は付属物を毀損する恐れがあるとき。
  3) その他当協会が貸出しを不適当と認めたとき。
2 施設を利用できるものは、建設業に関係ある団体、法人、個人等とする。
3 会長は利用の許可をする場合において条件を付することができる。
4 利用の許可を受けた者は、利用の権利を譲渡し又は施設を転貸することができない。
5 利用者が次の各号の1に該当するときは、会長は利用条件を付し、利用の停止又は許可の取消しをすることができる。
  1) 申請内容に偽りがあったとき。
  2) 利用許可の条件に違反したとき。
 
(賠償責任)
第4条 利用者は施設の利用に際し、施設又は付属物を損傷もしくは紛失した場合は、その修理又は補充に要する費用を負担しなければならない。
 
(貸出し制限)
第5条 施設の貸出しについては、原則として(一社)山梨県建設業協会(以下、「協会」という。)及び当協会に事務局を置く団体(事務局兼務団体)での使用が優先される。
2 外部への貸出しは原則月曜日〜金曜日の9:00〜17:00とする。
 
(利用料金)
第6条 利用料金は、別に定める「山梨県建設会館研修室・会議室利用料金一覧表」によるものとする。
2 利用料金の支払いは、毎月20日締めで送られてくる請求書により、所定の銀行口座に振り込むものとする。
 
(利用申込み方法)
第7条 施設の貸出しを希望する利用者は、以下の手順により利用申込みをするものとする。
ただし、利用申込みの受付は、利用日の1ヶ月前からとする。
  1) まず電話により施設の空き状況を確認してから予約する。
(TEL 055-235-4421 (一社)山梨県建設業協会総務部(以下、「窓口」という。)
  2) 予約後、「山梨県建設会館研修室・会議室利用申請書」をダウンロード等により入手し記入した上で、FAX 055-233-9572 もしくはメール rental_room@y-kenkyo.or.jp 等により、窓口宛てに提出する。
  3) その後、予約窓口の担当者より「施設貸出し許可書」(以下、「許可書」という。)及び「利用上の注意事項」が送られてくるので確認する。
 
(事前準備・設営)
第8条 会場の事前準備・設営は、原則として利用者側で行うこととし、予約時間の1時間前から行うことができるものとする。ただし、前日の準備・設営や1時間以上前からの準備・設営を希望する場合は、会場が予約時に空いている場合に限り、その時間帯の利用料金の半額を支払って行うことができるものとする。
 
(利用及び現状復帰)
第9条 利用者は、利用当日に「施設貸出し許可書」を窓口に提示して、施設の「入口の鍵」と「利用後確認チェックシート」を受け取り、利用後はチェックシートにより確認を行なうと同時に現状復帰し、窓口に「入口の鍵」を返却し「チェックシート」の提出を行う。
 
(変更・キャンセル等)
第10条 予約内容の変更やキャンセルをする場合は、早めに窓口まで連絡すること。
 
(その他)
第11条 注意事項は以下の通りとする。
  1) 当会館には一般向け駐車場がないので、施設利用の際には、公共交通機関を利用するか、近隣の民間駐車場を利用すること。
  2) 研修室・会議室内への飲食の持ち込みはできるだけ控え、ゴミの持ち帰りに協力すること。
  3) 施設内における貴重品の管理は、利用者自らが行うこと。
  4) 非常口、消火設備の確認は事前に必ず行うこと。
 
附 則
  この規程は、平成26年2月1日から施行する。
  この規程は、平成26年4月1日から施行する。
※ 上記の施設貸出し規程は、こちらからPDF形式でダウンロードできます。
     
↑ページの先頭に戻る
   
トップへ戻る Copyright(C) 2004 The Associated General Contractors of Yamanashi All Rights Reserved.