社団法人 山梨県建設業協会は、魅力ある建設で山梨のさらなる発展に貢献します
トップ > 県土建設写真コンクール 山梨県建設業協会のプロフィールです ご意見・お問い合わせ

令和3年度-第64回
令和2年度-第63回
令和元年度-第62回
平成30年度-第61回
平成29年度-第60回
平成28年度-第59回
平成27年度-第58回
平成26年度-第57回
平成25年度-第56回
平成24年度-第55回
平成23年度-第54回
平成22年度-第53回
平成21年度-第52回
平成20年度-第51回
平成19年度-第50回
平成18年度-第49回
平成17年度-第48回
平成16年度-第47回
平成15年度-第46回
平成14年度-第45回
平成13年度-第44回
平成12年度-第43回
  平成25年度-第56回

第56回 山梨県・県土建設写真コンクール入賞者決まる!

(社)山梨県建設業協会が主催する第56回県土建設写真コンクール入賞作品選定審査会が、平成25年8月19日(月)に行なわれました。
第1部門の「県土建設の作品」に84点・第2部門の「山梨の自然と建造物の作品」に49点の応募を頂きました。
それぞれ部門別に厳正な審査を行った結果、下記に示すとおりに入賞作品が決定しましたので、お知らせ致します。
各部門の作品は、画題をクリックすることでご覧になれます。
入賞作品は県内公共施設及び各種イベントで展示する予定です。


審査員 佐藤真樹氏 講評

第一部門に84点、第二部門に49点と、昨年と比べると若干応募数が減ったが、入賞作品以外も全体的にレベルが高く選考に苦労した。
入選点数が限られている中でのコンクールになるので、毎年、選考に苦労しているが、今年は特にすばらしい作品が多く、選考に苦労した。

第一部
東関東道路のトンネル内現場になるが、身に着けている装具、人物の動き、光の加減が画面を盛り上げている。フラッシュを使用せず、現場の光線だけで撮影しているので、臨場感が伝わる優れた作品である。

第二部
竜王駅の夜景イルミネーションを美しく捉えている。クリスマスシーズンのみの短期間のイルミネーションであろうが、タイミングを逃さずに的確に捉えられていて、夢見るような美しい作品となっている。


第1部門  応募作品数 84
画    題 氏   名 住   所
推薦 準備中 玉木  旭 身延町
特選 猛暑の中 この汗 堀内 かず子 昭和町
準特選 鉄火 皆川  明 韮崎市
入選 真夏の現場 内澤 政人 甲州市
入選 命を守る 中西  肇 大月市
入選 合図者 徳能 義隆 甲斐市
特別賞 未知への挑戦 望月 公貴 甲府市
特別賞 ミリ単位への挑戦 埴原  一 笛吹市
特別賞 現場の朝焼 砂田 賢一 市川三郷町


第2部門  応募作品数 49
画    題 氏   名 住   所
推薦 光のファンタジー 嶋  輝子 甲府市
特選 噴水は楽しい 小池 宏幸 市川三郷町
準特選 散歩道 岡田 泰文 甲斐市
入選 夜が明ける 砂田 賢一 市川三郷町
入選 スポーツ公園に遊ぶ 能川 慎弥 甲府市
入選 ブランコの少年 岩谷 秀雄 甲府市
特別賞 よみがえる鉄門 清水 弘海 甲府市
特別賞 お気に入りの「まゆの丘」 小池 美穂 市川三郷町
特別賞 秋陽にあそぶ 小澤 己江子 甲斐市


《 テーマ 》
  第1部門 県土建設の作品 県土建設の力強い作品・建設産業界で生き生きと働いている人たちの作品
       
  第2部門 山梨の自然と建造物の作品 山梨の自然な風景と建物・橋・道路・川・公園等が一体となり、魅力ある街づくり・郷土山梨を表現する作品
トップへ戻る Copyright(C) 2005 The Associated General Contractors of Yamanashi All Rights Reserved.